アーモンド♡こども食堂

「アーモンド♡こども食堂」は、法人設立2012年当初からのアーモンド コミュ二ティ ネットワークの働きの中で見えてきた「地域で生きづらさを抱えるこどもと青年と大人たちのための関係性と繫がりと居場所作りの必要性」から誕生した活動です。

人と人との関わりが作りにくいニュータウン地域で、ごはんを一緒に食べてその後で楽しい時間を共に過ごすという「大きな食卓」をイメージしてスタートしました。

地域で長く活動をされている民生委員さんや都筑区社会福祉協議会や都筑区役所にも必要性を訴えて来ました。時を同じくして「こども食堂」という名称の活動が全国のあちこちから聴こえてきました。スタートするにあたり必要経費をまかなうために「つづき あい基金」に事業提案をして助成金を得ることができました。

「見えないこどもの貧困」の問題や「障害のあるこどもを一人で育てる母子家庭」の問題や「地域住民による支え合いと活動の必要」や「連携組織が組織でなく人として動く必要」を訴えたプロポーザルには高い評価を頂きました。「アーモンド♡こども食堂」は地域に暮らす多様な人たちが出逢う場となっています。