絵本の世界から聴く〜Flip Book〜

〜先週末のアートワークショップで、嬉しかった出来事!〜
ずっと中学校、高校、大学から遠ざかり、ひとりの世界にいた若い人たちが、楽しく参加して、アニメーションになる作品を、老若男女で和気あいあいと制作しました!
小学生、10代から70代、後期高齢者、日本人、米国人、留学生が夢中になって過ごし、やはり「傾聴を学んでいる人たちがつくる場」の雰囲気って違うなぁ〜と実感しました。
ありのままの自分が表現できることって、凄く大切ですね。
傾聴セミナーに毎月参加されているビジネスマンの方は、「ハサミと糊でこういう作品を作るのって、中学以来だから何十年ぶりですよ。」と楽しそうに制作に没頭されていました。皆さん、夢中になってつくったご自分の作品が動画になることに感動して、他の人の作品がパソコンの中で動くのを観てその意外性に拍手したり・・。
異年齢、異文化、子どもと大人、男と女、なんらかの障がい、生きづらさを抱えた人。そんな多様な人たちが共に生きる。「傾聴の場」を開いていくことの意味をあらためて確認しました。
自分を表現して、それをみんなが喜んでくれて、笑って元気になって、明日を生きる!
人に受け容れられることで、外に出ていける!
今年も始まりました〜〜!

definitive印刷definitive 裏

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中