アーモンド凸凹コミュニティアートプロジェクト2018

<小学生から高齢者まで楽しんで参加できる一流講師陣が指導するワークショプです>      「横浜北部の民話」をキーワードとした、オリジナルの影絵劇、オリジナルの紙芝居の上演後に、家庭で遊べる「影絵劇キット」の制作を参加者が楽しみます。あなたのつくった影絵劇に「民話の語り方」と「効果音のつけ方」をプロが指導します!初めての方でもご自分のペースで楽しく体験できます。制作に使う道具類は全て準備されていますのでお気軽にご参加ください。ミニ影絵劇制作指導:牧田 あゆみ、民話の読み聞かせ指導:菅野智子、効果音のワークショップ指導:谷川マユコ /  不登校やひきこもりになりがちな凸凹な個性の青少年とともに、アート活動を展開してきました。

・横浜北部の民話を題材とした影絵劇、紙芝居、朗読を講師3名の実演で指導。
・ミニ影絵劇を参加者が制作するワークショップ。
・影絵劇のための音楽、読み方ワークショップ。
・ワークショップの参加者が実際に作った自分の影絵劇の上演を試みる。

家族割引:2名以上の参加は、2人目から1500円となります。小冊子は1冊の贈呈。

9月22日(土)  第一回 10:00〜13:00 第二回 14:00〜17:00
*アートワークショップの材料等は全て会場に用意されています。

riso 22riso 22表leaflet_2018_818Aleaflet_2018_818B

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中